*☆* カレンダー *☆*

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

WEB申し込みでの即日MNP転入に対応

 

Firefox で、
 
[Home] キーを押すとトップ画面に行きます。
 
[End] キーを押すとボトム画面に行きます。

 

桑の葉の薬効

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

青汁やサプリメントに桑の葉が使われていると言う宣伝が有ったので、桑の葉の薬効について調べてみました。

調べた結果の主な薬効、及び副作用は、以下の通りとなっていました。

桑の葉の薬効 ・ 糖尿病の予防・改善 ・ 血中コレステロールの低下 ・ 血流改善効果 ・ むくみ防止 ・ 肝・腎機能の改善 ・ 高血圧の予防・抑制 ・ 便秘解消 ・ 高い抗酸化作用とビタミンCの吸収を促す働き

桑の葉の副作用 ・ 副作用や健康被害はない模様

ただし、糖尿病を治療中の人、妊娠中・授乳中、及び薬を服用中の人は、注意が必要で医師に相談すべきとの事。 理由は、桑の葉の薬効作用により、服用中の薬の効果を倍増させたり、低下させる可能性のが有るとの事でした。

 

桑の葉の薬効を調べてみたら、体質改善のために、桑の葉を使ってみようかと思いましたが、服用している薬との関係もあるので、先ずは、主治医に相談してからにしようと思いました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

出典

桑の葉の効果と効能 糖尿病・高血圧の予防改善、中性脂肪・LDLコレステロールを下げる効果など http://www.mit-japan.com/ndl/ndl/kuwa.htm

  「青汁」桑の葉の効果・効能 http://青汁-効果.biz/entry31.html

  桑の葉茶の効果・効能と副作用!作り方や飲み方、糖尿病に良い理由とは?妊婦は飲んで良いの? http://鼻くそ.com/kuwanoha.html

  桑の葉を科学する […]

リノール酸を多く含むサラダ油とマヨネーズは、花粉症やアトピーの原因物質?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 花粉症が、サラダ油とマヨネーズをやめたら治った!原料にがん、糖尿病、脳梗塞の危険! http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/bizjournal-20160223-20039/1.htm

という記事が有りました。

記事の中に、サラダ油とマヨネーズのリノール酸が、アレルギー反応の原因となる物質になるというのです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

要は、

サラダ油やマヨネーズの主成分のリノール酸 → 体内でアラキドン酸を生成 → 生理活性の強いプロスタグランジンを生成

スタグランジンが、炎症やアレルギー反応の原因となるというのです。

アレルギーによる炎症を抑えるには、リノール酸を減らすか、その作用を阻害する物質を取れば良いという事になるようです。

阻害する物質として、オメガ3脂肪酸のアルファリノレン酸とDHA、EPAとの事のようでした。

アマニ油、えごま油などアルファリノレン酸の多い油や、魚が豊富に持つDHA、EPA を取る事で、花粉症やアトピー等が改善されるとなっていました。

アレルギー反応を起こさないように、サラダ油やマヨネーズをひかえて、アマニ油、えごま油などアルファリノレン酸の多い油を取りたいなと思いました。

 

[…]

サンニン (ショウガ科のゲットウ) に抗がん作用。旧暦の12月8日はムーチーの日

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 旧暦の12月8日(一部の地域では12月7日)は、サンニンの葉で包んで蒸した餅、ムーチーを食べる日です。

2016年 (平成28年) のムーチーの日は、1月17日(日曜日) / 旧暦の12月8日 になります。

「ムーチーを食べると、非常に健康になる。」と言われてきました。

サンニンが、ショウガ科ということから、なんとなく、健康に良さそうだなと思っていました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

  サンニンに、抗がん作用の成分が豊富に含まれているとの記事が有りました。

その記事が、沖縄の長寿の秘密、「ゲットウ」です。

記事で、抗がん作用の成分に関する箇所を抜粋したのが以下です。

癌が気になる方は、ムーチーの日に関係なく、普段から、サンニンの葉を使った食事をしては如何と思いました。

サンニンは、ショウガ科ということで、肝臓なども良くする成分も多く含まれていると思っています。

「サンニンの効果」で検索しましたら、健康に関する効能がいろいろと見つかりました。

 

[…]

炊飯器の保温設定で、野菜を炊く。こんな使い方が有ったとは。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「ライブドアニュース」を見ていたら、

記事のタイトルに “長生きする人に共通するのは「食事のバランス」と「酒の量」” というのが有りました。

気になって、中身を見たら、目が鱗の内容となっていました。

記事の中に、「炊飯器の保温設定で、野菜を炊く事が出来る」という事が記載されていました。

炊飯器の保温設定で、野菜を炊く事が出来るというのにはびっくりしました。

まさか、保温設定で料理が出来るとは思っていなかったからです。

方法は、野菜を、前の晩から炊飯器でかつお節や水といっしょに入れて保温設定にしておくという事でした。その方法で、野菜は翌朝には炊けているとなっていました。

そこで、”炊飯器保温料理” で検索してみました。

検索したら、想定以上の結果でした。

想定以上に、炊飯器の保温設定で、料理が出来ることが分かりました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

備考

“長生きする人に共通するのは「食事のバランス」と「酒の量」” からの、炊飯器の保温設定で、野菜を炊く事が出来る事に関しての抜粋内容

専門知識を生かし、栄養バランスに細心の注意を払う人もいる。沖縄県うるま市のあかみちクリニックの院長、医師の田中旨夫さん(97歳)だ。

「朝は、その時々の旬の野菜を炊いたものに少量の水を加えてミキサーで混ぜ、野菜ジュースにして飲んでいます。野菜は、前の晩から炊飯器でかつお節や水といっしょに入れて保温設定にしておくと、翌朝には炊けている。

保温しておくと、ビタミンなどの成分を壊さずに、繊維質を柔らかくすることができて、消化もしやすい。この野菜ジュースとは別に、にんじんとりんごで作ったジュースも必ず飲みます」

出典 http://news.livedoor.com/article/detail/10861130/

この記事で、特に良かったのは、「保温しておくと、ビタミンなどの成分を壊さずに、繊維質を柔らかくすることができて、消化もしやすい。」ことでした。

この料理方法は、試して見る価値は十分に有るなと思いました。

  炊飯器の保温機能は、釜の内部を70~80℃保ち、菌の増殖を防ぐようになっているようです。ですので、生野菜に付着している雑菌による食中毒を防ぐ効果も、有るのではないかと思いました。

 

[…]

「あられ」と「せんべい」、材料が違っていた

インターネットで記事を見ていたら、

あられをオシャレに変身 倒産寸前の工場が復活

というタイトルの記事がありましたので、見てみました。

見てみようと思った理由は、どうやって倒産寸前の工場が、復活したかと言う事が知りたかったからです。

 

記事を読んでいて、

あられはもち米、

せんべいは普通の白米であるうるち米で作る。

全く違う商品と言う事が分かりました。

「あられ」も「せんべい」も、同じ材料で作っていると思っていました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

記事に記載してある会社「つ・い・つ・い」について気になったので、その会社のホームページを見てみました。(“つ・い・つ・い” は、14年に閉店したようです)

気になったのは、パケージの良さとあられが美味しそうだったからです。

そのうち、利用するかもしれないので、メモを兼ねて、記載することにしました。

 

緑茶抹に、高齢者の認知機能低下の改善作用があるようだ

ニュースに、「緑茶抹に高齢者の認知機能低下の改善作用がある!? – 伊藤園が確認」と言うのが有りました。

効果の確認は、

緑茶抹を1日2g(総カテキン量は約227mg)、3カ月間摂取して、

認知機能検査、血圧、血清脂質、耐糖能異常などの動脈硬化指標、および血中カテキン濃度を測定して

行ったようです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

その結果、

12名中8名で改善が見られたとの事。

緑茶は、インターネットで検索すると、相当の効能・効果が有るとなっていました。

ところで、確認の実験は、緑茶抹を1日2g摂る事で行ったようですが、効果が出てくる下限値の採取量はどの程度なのか気なるところです。

効果が出てくる下限値の採取量がわかれば、毎日摂る緑茶抹の量を調整することができるからです。

実は、計算してみたら、緑茶抹を1日0.5g程摂っている状態に有ります。

緑茶抹の摂る量を、1日1.0g程度まで増やすのはなんとか行けそうですが、さすがに、毎日2gまで増やすのは容易ではなと思いました。

 

水の健康力 @ PHPほんとうの時代 2012年8月号

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

PHPほんとうの時代 2012年8月号、【総力特集】 心と体を癒す 水の健康力 という雑誌を、図書館で見つけました。

気になったので、目次と内容を確認してみました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

水について、昔から興味が有り、水に関する本を購入して、読んだことが有ります。

また、これまで、図書館で、水に関する本を見つけて、内容を確認したことも有りますが、知りたいことが書かれた本には出会えませんでした。

今回見つけた「PHPほんとうの時代 2012年8月号」には、概ね知りたいことや気になる事が書かれていました。

ただ、記載されている事に関して、一部賛同しない部分も有りましたが、全体的には、参考になりました。

これから熱中症が気になる季節を迎えます。

水を頻繁に取るようになるので、少しでも良い水を取りたいなと思います。

680円と気にならない値段だったので、「PHPほんとうの時代 2012年8月号」を購入して、必要に応じて再読して確認出来るようにしたいなと思いました。

そこで、バックナンバーが有るかどうか確認してみました。

確認した結果、残念ながら、品切れになっていました。

  体に良い水は、カルシウムを多く含む弱アルカリ性の水。

  そう言えば、黒砂糖には、カルシウムが多く含まれていたな。

黒砂糖100g当たり、カルシウムが 240mg 含まれている。 出典 http://sugar.alic.go.jp/tisiki/tisiki/tisiki0712a.htm

黒砂糖には、カルシウム以外に、体に良いミネラル分含まれているので、水を飲むときに、黒砂糖を少し食べるとというのも良いなと思いました。

 

[…]

野生のニガナ(ンジャナ)の花

座喜味城に行った時に、城壁の一角にニガナ(ンジャナ)の花が咲いていました。

ニガナは、もっと大きくなってから花を咲かせていたと思ってましたが、座喜味城の城壁の一角に咲いていたニガナは、えらく小さいなと思いました。

ニガナは、子供の頃、健康に良いとか、毒消しの効用があると言われて、よく食べました。

ニガナを食べなくなったのは、何時からだろうか。

特に、野生のニガナは、苦すぎて、とてもではないが食べる気がしなかったという思いがあります。

野菜として栽培されていたニガナでも、苦味はだいぶ少なくなっていましたが、健康に良いとか、毒消しの効用があるとか言われなかったら食べなかったと思います。

ニガナ ( 和名:ほそば、わだん ) を WEB で調べたら、「健胃剤の薬草」となっていました。

参照 URL http://nipponsyokuiku.net/syokuzai/data/114.html

健胃剤の薬草となっていることから、胃は丈夫とは言えないから、たまに食べるのも悪くはないような気がします。

苦味から、健胃剤以外の薬効もあると思われるが、いかがなものだろうか。

良薬は、口に苦し。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

備考

沖縄の方言 (首里言葉) で、苦いは、ンジャサンと言っていました。ンジャナという言葉は、苦いというンジャと、菜っ葉のナから来ていると思われる。

 

 

 

 

[…]

今日の最高血圧は、102でした

今日の最高血圧と最低血圧は、102 と 66 でした。

2日前と4日前の最高血圧と最低血圧は、2日前が 116 と 72 で、4日前が 116 と 74 でした。

最高血圧が 102 だったので、一瞬 ん? と思いました。

考えてみたら、特に変わった事はしていません。

しいて言うなら、前日の料理で、豚肉を煮る時に、サンニン ( 月桃 ) の葉っぱを使用した事ぐらいしか思い浮かびませんでした。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

豚肉は、油を抜く為と、柔らかくするために、高圧釜で最初水煮しました。

高圧釜で豚肉を煮ると、肉カスが鍋底等にこびり付きます。

そこで、肉カスが鍋底等にこびり付くのを防ぐ目的と、豚肉の臭みを緩和する為に、サンニンの葉っぱを鍋底に敷いて、水煮してみました。

サンニンの葉っぱを入れた高圧釜で水煮した豚肉を、高圧釜から取りだして、カレーにいれて食べました。

ここ数日の行動、食事では、特に変わったのは、サンニンの葉っぱを使った事しか思い浮かびません。

しかし、いくら何でも、たったこれだけで血圧が下がった事に対しては、サンニンによる効果としては、半信半疑です。

 

 

ベトナムのコーヒーを飲んでみました

弟が土産に持ってきた、ベトナムのコーヒーを飲んでみました。

コーヒーの入った銀パックの袋を開封したら、一瞬、ココアの匂いがしました。

コーヒーの味は、普段飲んでいるコーヒーよりも苦いという感じでした。

苦味は、何に近い苦味かと考えたら、ココアの苦味だと思いました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

 

備考

ココアとコーヒーに関係があるか、ココアに関して調べてみたら、これといった関係はみれられませんでした。 ココアには、「特に有益な影響は脳に達し、学習と記憶に重要な好影響をもたらす可能性がある」というのがありました。これって、確か、受験勉強している子供への飲み物として、流行っていたような記憶があります。 ココアが頭に良い影響を与えるなら、認知症やアルツハイマーに好影響を与えるのではないかと、WEB を検索してみたら、いっぱいありました。これからすると、朝はコーヒーで、昼間は緑茶、夜はココアにするというのも悪くはないなと思いました。

 

[…]