*☆* カレンダー *☆*

2015年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ

joichi-blog

携帯電話、スマートホンに対応

UNetbootin を使って CD / DVD のように起動する USB メモリの作成


USB スティックメモリカード、USB メモリで、CD や DVD のように起動することができるようにしてくれる UNetbootin を使ってみました。

UNetbootin は、Ubuntu 11.04 にインストールしてありましたが、そのうちに試してみようとは思っていました。

インターネットで調べ物をしていたら、UNetbootin の記事があったので、もしかしたら、USB メモリを HDD として、起動できるのではないかという考えが思いついたので、試してみました。

結論から言えば、HDD のように書き込み・削除は出来ませんでした。

Ubuntu 11.04 のファイルマネージャーを使っても、USB メモリには、書き込みも・削除も出来ませんでした。
ちょうど、CD や DVD に書き込んだ ( 焼いた ) 状態に似た形になっていました。

ブート USB メモリの作成は、いたって簡単でした。

UNetbootin を起動して、ブート OS にしたいファイルを選択して、実行するだけでした。




 

画像-1. UNetbootin の起動画面

  • この画面の状態で、 = Select Distribution = 、= Select Version = をプルダウンし、登録されている OS を選択して OK を押すと、インターネットからファイルをダウンロードして、ブートUSBメモリを作成してくれます。

 

画像-2. KNOPPIX のブートUSBメモリを作成 ( ダウンロードしてあった KNOPPIX の iso ファイルを使用 )

 

画像-3. ファイルを選択して OK を押したら、下の図のようにブートUSBメモリが作成される

 

 画像-4. ブートUSBメモリの作成が完了

 

ブートUSBメモリの作成の注意点は、USBメモリを事前に FAT32 にフォーマットしておく必要がある事ぐらいです。

間違っても、取り付けてある USB メモリ以外にインストールすることは無いと思いますが、インストールする前に確認しておく必要があるかもしれません。

 

UNetbootin のファイルは、UNetbootin – Homepage and Downloads からダウンロードできます。
また、ブートUSBメモリ作成等に関しての記述 ( 英語 ) もあります。

 

ブートUSBメモリから PC を起動させるためには、USB メモリが優先して起動するように設定する必要があります。

機種によっては、F1、 F2、 F8、F12、 ESC、または backspace を使って、USB メモリから起動することも出来ます。

これらのキーは、PC の電源を入れた直後に、すぐに押す必要があります。タイミングがまずいと認識されないで、通常の起動で PC が立ち上がる事になります。

もし、これらのキーを使って起動できない場合は、BIOS 設定で、システムの読み込みを USB が最初になるように設定する必要があります。

 

備考 )

  • USB メモリの使用量は、CD や DVD とほぼ同じ量でした。CD や DVD が USB メモリに置き換わったという感じです。
  • パソコンの機種によっては、USB メモリから起動出来ない物もあります。

 

 

探していること、知りたいこと、見つかりましたでしょうか?
Google カスタム検索を併用すると、見つけやすくなります。

Google カスタム検索

 


Leave a Reply