*☆* カレンダー *☆*

2015年5月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

joichi-blog

携帯電話、スマートホンに対応

自作 PC の Linux を LinuxMint 13 LXDE にしました


Windows 7 と Ubuntu 12.04 コア + LXDE にしてありました自作パソコンのリナックスを、Ubuntu 12.04 コア + LXDE から、Linux Mint 13 LXDE に変更しました。

Linux Mint 13 LXDE は、Linux Mint 13 Xfce をインストール後に、LXDE をインストールして、LXDE で起動するようする方法で行いました。

Linux Mint 13 LXDE にした結果は、ほぼ満足しています。

ちなみに、Linux Mint 13 は、64ビットバージョンをインストールしました。

Linux Mint 13 LXDE に変更しようとした経緯は、

  • グラフイックカードを取り替える事になった。
  • Ubuntu 12.04 コア + LXDE の設定で、思うように変更出来ない箇所があり、少し不満が有りました。
  • Linux Mint 13 LXDE を Virtual Box にインストールして試した結果、軽快でメモリ消費量も少なく、気に入っていました。

ことです。

なぜ、グラフックカードを取り替えるだけで、リナックスのシステムを再インストールしたかというと、過去に、グラフックカードを取り替えて、ドライバー類をそのグラフイックカードように変更しょうとして四苦八苦し、画面そのものがおかしくなって、結局システムを入れ直した事があったからです。

リナックスでは、システムを再インストールする方が、機器にあったドライバー類が自動的にインストールされるので、へたに自分でドライバー類を入れ替えるよりも楽らからです。

そのような過去があったので、今回は、グラフイックカードを取り替えるはめになったので、リナックスのシステムを最初から再インストールするつもりでした。リナックスのシステムを再インストールする際において、システムをあまりカスタマイズしなくても済み、満足する機能をもった Linux Mint 13 LXDE にする事にしました。

ちなみに、Windows XP では、グラフックカードを取り替えても、ドライバー類の変更は容易に出来ました。

リナックスの入れ替えは、

  1. 既存の Ubuntu 12.04 コア + LXDE にあるデータを、外付け HDD にコピー
  2. 既存の Ubuntu 12.04 コア + LXDE のパーティションを削除
  3. USB フラッシュメモリから、Linux Mint 13 Xfce をインストール (参照 Linux Mint 13 Xfce のインストール)
  4. Linux Mint 13 Xfce のデスクトップの Xfce を LXDE に変更 (参照 Linux Min 13 Xfce の 32ビットバージョンのカスタマイズ)
  5. 外付け HDD にコピーしてあったデータを Linux Mint 13 LXDE のユーザーデイレクトリーにコピー
  6. Linux Mint 13 LXDE に必要なアプリをインストールおよびカスタマイズ

で行いました。

 

いまのところ、Linux Mint 13 LXDE で唯一不満な点は、以下の図に示す、リポジトリのインデックスファイルが一部ダウンロード出来ない事です。

 

探していること、知りたいこと、見つかりましたでしょうか?
Google カスタム検索を併用すると、見つけやすくなります。

Google カスタム検索



Leave a Reply

  

  

  

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">