*☆* カレンダー *☆*

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

WEB申し込みでの即日MNP転入に対応

 

Firefox で、
 
[Home] キーを押すとトップ画面に行きます。
 
[End] キーを押すとボトム画面に行きます。

 

Kona Linux 3.0 ( Debian 8 ベース ) のインストール。魅力的な日本語対応のリナックス







Debian 8 をインストールしてみて、気にいったので、 Debian 8 + α のディストリビューションがないか探してみました。

そしたら、日本語対応の Kona Linux 3.0 が有ることが分かりました。

Debian 8 は、魅力的ですが、インストールから、インストール後の設定まで、パソコン初心者に向いていないと思われました。

Kona Linux 3.0 Xfce は、日本語対応ということも有りましたので、インストールして、確認してみることにしました。

インストールした結果、Kona Linux 3.0 Xfce は、パソコンにインストールしてしまえば、パソコン初心者でも十分に使いこなせるリナックスではないかと思いました。

特に、日本語入力は、個人的には、一番良いと思っている入力システム ( Fcitx – Mozc ) が標準でインストールされていました。

Kona Linux 3.0 Xfce の魅力

・ サポート期間が5年 ( Debian 8 がベース )
・ 日本語入力 ( Fcitx – Mozc ) が優れている
・ 起動時間が短い ( 40〜45秒程度 )
・ 自動ログインの設定が、簡単に変更出来る
・ 必要なアプリが、ほとんど標準でインストールされている
・ メモリの使用量が少なく、軽快

問題は、インストールが、パソコン初心者にはハードルが高いと思われました。

そこで、インストールの手順を以下に記載することにしました。




 

インストール用の iso ファイルのダウロード先と Kona Linux 3.0 に関する参照先は、最後の方に記載してあります。
 

Kona Linux 3.0  Xfce  のパソコンへのインストール手順

1. ライブ ( Live ) CD の起動画面
Kona-001

 

2. ライブ ( Live ) CD 起動 ( ログイン ) 後の画面
Kona-002

 

3. ライブ ( Live ) CD から Kona Linux を HDD (パソコンのハードディスク) にインストール

インストール用のアイコンをダブルクリックして、パソコンにインストールを開始する。

Kona-003

 

4. インストーラの警告

[Yes] をクリックして、インストールを進める。

Kona-004

 

5. ローカルの設定

[ja_JP.UTF-8 UTF-8] を選択して、進める。

Kona-005

 

6. ローカルの設定の確認

ローカル設定の確認が、[ja_JP.UTF-8 UTF-8] になっているのを確認して、進める。

Kona-006

 

7. キーボードの設定

標準の日本語キーボードであれば、以下のキーボードを選択して、進める。

Kona-007

 

8. キーボードの設定の確認

設定に間違いがなければ、進める。

Kona-008

 

9. キーボード配置の設定の確認

設定に間違いがなければ、進める。

Kona-009

 

10. システムをインストールするために、gparted を起動する
Kona-010

 

11. システムのインストール先の設定

HDD が一つの為、ひとつの HDD しか表示されていない。sda を選択して、[OK] をクリックする。

Kona-011

 

12. GParted が起動

HDD は、未フォーマットのため、下図のように表示される。

Kona-012

 

13. HDD のバーティションテーブルの作成

バーティションを作るために、バーティションテーブルを作成する。

Kona-013

 

14. バーティションテーブルを作成する

ディバイス(D) →パ ーティションテーブルの作成(C) をクリックし、[適用(A)] をクリックする。

Kona-014

 

15. システムをインストールするためのパ ーティションを作成

下図の箇所をクリックして、新規にパ ーティションを作成する。

Kona-015

 

16. パ ーティションの割り当て

下図のように、HDD のすべてのエリアを割り当てる。

スワップ (Swap) 用のパ ーティションは、今回は作成しない。後で、アプリをインストールして対応させる。

ラベルは、任意で好きな名称にする。ブランクでも問題はない。

ファイルシステムは、ext4 が良いと思われる。

パ ーティションの種類は、「基本パ ーティション」になります。

Kona-016

 

17. パ ーティションの確定

下図のように、「全ての操作を適用します」をクリックして、確定します。

Kona-017

 

18. パ ーティションの確定の確認

設定に間違いがなれけば、[適用] をクリックします。

Kona-018

 

19.  パ ーティションの設定完了

[閉じる(C)] をクリックして、設定操作 を終了します。

Kona-019

 

20.  GParted の終了

パ ーティションの設定が完了したので、GParted を終了します。

Kona-020

 

21. スワップを作成していないので、[ Skip ] を選択します。

[ Skip ] を選択して、[ OK ] をクリックします。

Kona-021

 

22. Root システムのインストール先の設定

[ sda1 ] を選択して、[ OK ] をクリックします。

Kona-022

 

23. ファイルシステムの選択

[ ext4 ] を選択して、[ OK ] をクリックします。

Kona-023

 

24. /homeをインストールするパーティションの選択

[ root ] を選択して、[ OK ] をクリックします。

Kona-025

 

25. パスワード、ユーザー名の設定

パスワード、ユーザー名を入力します。

ホスト名は、個人で家庭用で使用する場合は、好きな名称にしても問題はありません。

下図に示すホスト名は、識別しやすいように、名称を適当に書いてあります。

Kona-027

 

26. grub のインストール先の設定

grub のインストール先を [ sda ] に選択します。

Kona-028

 

27. システムクロックの設定

システムクロックをローカルタイムに設定するので、[ Yes ] をクリックします。

Kona-029

 

28. ローカルタイムのタイムゾーンを日本に設定

 [ Asia/Tokyo ] を選択して、タイムゾーンを日本にします。

Kona-030

 

29. インストール先の確認

インストール先に問題がなければ、[ OK ] をクリックします。

Kona-031

 

30. HDD へのインストール開始

下図は、HDD へのインストール中の状態です。

Kona-032

 

31. インストール後の再起動の確認

Live CD を取り出し、[ Yes ] をクリックして、HDD からシステムを起動します。

Kona-033

 

32. 再起動後の HDD からの起動開始画面

キーボードの「Enter」を押して、 Kona Linux 3.0 を起動します。

Kona-040

 

33. Kona Linux 3.0 のログイン画面

ユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。

自動ログインしたい場合は、ログイン後に設定の LightDM で設定変更して、自動ログインが出来るようにします。

Kona-041

 

34. 追加のパッケージのインストール

ログイン後、少し時間をおいていると、追加のパッケージをインストールするかどうかの確認表示がされます。

[ はい(Y) ] をクリックして、追加のパッケージをインストールします。

Kona-042

 

35. 管理者 (root) のパスワード要求

アプリをインストールするために、管理者 (root) のパスワード要求されますので、管理者 (root) のパスワードを入力して、[ OK ] をクリックします。

Kona-043

 

36. 追加のパッケージのインストール完了
Kona-044

 

37. スワップ用のアプリのインストール

スワップ用のアプリをインストールするために、ターミナルを起動します。

下図は、画面の適当な箇所にカーソルを持って行って、マウスを右クリックした状態です。

Kona-045

 

38. ターミナルの起動とスワップ用のアプリのインストール

ターミナルの起動し、root ユーザになって、スワップ用のアプリをインストールします。

ターミナルの画面で、 su – を入力、すると root のパスワードが要求されますので、 root のパスワードを入力します。

次に、スワップ用のアプリをインストールします。

apt-get install dphys-swapfile swapspace を入力します。

Kona-046

 

39. スワップ用のアプリのインストール完了

apt-get install dphys-swapfile swapspace を入力すると、下図のようにアプリがインストールされます。

Kona-047

 

40. スワップ用のアプリがインストールされたか確認

システムモニタを起動して、スワップが作成されたか確認したのが下図です。

Kona-048

 

 

ダウンロード先

http://ftp.riken.go.jp/Linux/simosnet-livecd/konalinux/
http://simosnet.com/livecd/konalinux/

 

参照

https://docs.google.com/document/d/1PnFSTxP8iaz09OJYJrWIDbsefyXO_s-tb6dMNMUJxvs/edit?pli=1

http://d.hatena.ne.jp/palm84/20150414/1429018596

http://d.hatena.ne.jp/hidehara/20140211/1392132114

http://simosnet.com/livecdroom/

konalinux ウェブサイト ( Google ドライブ )

 
関連リナックス

 

2 comments to Kona Linux 3.0 ( Debian 8 ベース ) のインストール。魅力的な日本語対応のリナックス

  • yamayama

    これが一番使い易いです。
    詳しい説明ありがとうございます。
    古い無線LANカードも簡単に使用できるのは良いです、Windows用のドラバーをインストールしデビアンのHPからファイルをDLしてインストールするとアイコンに準備が出来ましたととの表示、後はアクセスポイントのパスワードを入るだけで使用できました。

  • 葉山典雄

    非常に詳しい説明で大変助かりました。
    ありがとうございます。

Leave a Reply